トイレのつまりが排水管に与える影響について

トイレは長年使用をすると、機器の劣化に伴い排水管 水漏れに繋がりやすくなります。特に長年使用していると、その分使用回数も多いです。築年数が長い家屋で生活を送っている場合は、長年の汚れも蓄積されてることで、排水ができにくい状態もあるでしょう。最終的にはトイレのつまりが生じる状態となり、修理や工事が必要となります。

■トイレの排水管トラブルを見極めるポイント

排水管 水漏れをはじめ、トラブルを放置すると家屋が水浸しになるなど、生活面での影響を与えます。トイレの使用後に排水を行っても流れが悪かったり、悪臭が発生している注意が必要です。つまりが生じていたり、排水管の汚れの蓄積が大きくなっている可能性があります。
害虫がトイレで発生していると、かなり進行している状態であるうえ、衛生面や健康面でも悪い影響を与えます。排水管洗浄剤を定期的に流しておくことで、予防を図れます。便器の汚れも害虫を発生させる原因ですから、細目に掃除をすることも欠かせません。

■木の根が排水管にあればつまりの原因となります

排水管がトイレに繋がっている場合、屋外の木の根が原因で詰まりが発生することがあります。排水管に根が絡まっている状態で、放置をすると水が流れにくくなります。排水管に根が刺さっていたり、つぶしている場合は傷を与えていて、排水管 水漏れが起こる可能性もあります。
自分でマンホールを開けてから確認する場合は、細かな所まで中身をチェックすると良いでしょう。そのうえで、除去できそうな場合はしてください。樹木の種類によっては、成長が早いので迅速な対応は欠かせません。

■まとめ
トイレの排水状態が悪かったり、異臭を感じている場合はつまりを引き起こしている可能性が高いです。放置してしまうと、悪臭や排水管 水漏れの原因になりかねません。また、木の根が原因となっているケースもあります。自分で対処することはもちろん、難しい場合は専門業者に依頼をしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ