トイレのつまりで最善の対策をとることで快適な使用に繋がります

トイレのつまりで最善の対策をとることで快適な使用に繋がります トイレのつまりは、生活をしている中で生じるトラブルの一つです。ペーパーの大量使用やスマホなど異物を流してしまうこともあるでしょう。また、温水洗浄便座やタンクのずれなどによる故障も起こり得る症状となっています。可能な範囲適切な処置を行うことで改善されますが、放置してしまうと排水管 水漏れなど、被害が大きくなりかねません。専門業者に依頼をして、修理をすることもできますが、可能な範囲自分でもトラブル防止を図るための対策を立てることも、快適な生活を送るにあたって必要です。

■トイレのつまりの前兆や症状

トイレの排水管 水漏れが生じている段階になれば、トラブルは小さくありません。異物を流すなどで生じたつまりであっても、早めの処置を行うことで被害を最小限に抑えられます。ホームセンターや百均などにあるラバーカップで、軽度のトイレのつまりを改善させることは可能です。しかし、それでも改善されない場合は注意が必要です。
症状の確認にあたって、水を流した後に便器からの流れが悪いことがあります。ペーパーの大量使用など、排水管に負荷が掛かる原因が蓄積されたことで起こります。軽度な状態であり、とりあえず水が流れるため生活面では大きな支障は出ません。
変わらない場合は流れなくなっています。やみくもに自分で処置を行っても被害を大きくしますから、専門業者に相談をしてください。

■水を流して異音がする場合
トイレの使用後に水を流しますが、ボコボコと異音が生じた場合は注意が必要です。つまりや排水管 水漏れなど、少なからずトラブルが生じている状態となっています。
機器の故障が大きな原因ですが、放置することで水を大量に流れてしまい、トイレのつまりを引き起こしかねません。気になる音や機能の不具合が生じた場合は、症状の継続時間を確認すると良いでしょう。調査をしたうえで、専門業者に相談をして適切な処置を行うと、症状改善が図れます。排水管の調査は相応の知識が必要ですから、自信がない場合は無理に行わないことが大切です。
雨の日に異音がする場合は、天候の影響を受けて水量増していることが主な原因となります。それに伴い、排水管にある水が逆流をしてしまいます。特に台風や豪雨の日に生じやすくなるでしょう。天候が回復すると改善されることが多いです。それでも気になる場合は、浄化槽の中に空気穴をあるものにすることも、一つの方法です。

■トイレのつまりの起こりうる原因を知り予防に繋げましょう

トイレのつまりは、様々な原因が蓄積されて起こります。子どもや高齢者など、複数人で家屋で生活をしているとその分トラブルが生じる可能性が高まります。
大便を流す際、節水を理由で小レバーで流す場合があります。それにより、水流が不足してしまいつまりの原因となります。相応に負荷がかかることで、排水管 水漏れに繋がるなどの二次被害を起こしかねません。修理や機器交換になれば、トイレの使用がその間できなくなりますから、適切な使用を心掛けてください。
流す際、トイレ用のペーパー以外を流すとつまりを引き起こしやすくなります。クリーナーは、近年では流しても問題ない素材が販売されています。ただし、すぐに溶けるわけではないので注意が必要です。ペットを飼っている方で砂を流すと、トラブルの原因となります。流して良いもの以外は流さないよう注意が必要です。

■まとめ
トイレのつまりは、日々の生活で蓄積された負荷により起こり得ます。溶けない異物を流してしまうことでも、流れを悪くします。放置すると排水管 水漏れなど、被害が大きくなりますから日頃からの対策が必要となります。異音がした場合は、機器のトラブルも想定されますから、専門業者に相談をすると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース